カードでお金は、クレジットカード現金化とも呼ばれます

東京や大阪では見られる浮浪者風の男性が持った看板が多いのが「カードでお金」という謎の代物です。 クレジットカードのショッピング枠をお金に変えるサービスで、借入の件数や勤務状況は関係なく誰でも利用できます。 街で偶然通りすがりに見かけたことがあっても、詳細な本当の情報が出回ってないので比較しても分かりにくいのですが、高還元率と呼ばれるもので80%になります。 新規顧客を継続して獲得する為に、90%以上の数字を提示している店が多いですが、電話して聞いてみると「手数料、送料」とかの名目で減らされて70%になってしまうことが一般的です。 カードでお金を10万円利用した場合で高還元率だと、8万円の現金が自分の財布に入り、2万円は仲介による決済手数料などになる仕組みです。

お金がない どうしよう

カードでお金で50万円を申込みした際のシミュレーション

高還元率で80%のキャッシュバック、ショッピングのリボ払い手数料が年利15%だとします。 申込した当日に、40万円がお客様の指定の銀行口座に即座に振り込まれます。 毎月の返済の振込先はカード会社になり、50万円を12回の均等払いで月々47,900円を指定日に徐々に返していくことになります。 カードでお金の高還元率を探すのも必要ですが、ここで見逃せない大事な捨てれない鍵となるのが実質は定額のリボ払いの積み重なる年利も大きく損益に影響することです。 急用な一時的な出費で若干使うのなら構いませんが、半年以上の長期的に見るとマイナスになり損が多い皮肉なサービスになります。

高還元率で82%が今まで一番でした

何軒かの店に電話で直接聞いた中で返答頂いた一番の優秀な数字は82%でした。 逆に最悪だったのが50%でしたので、最初と大きくかけ離れた数字になります。 2017年現在でショッピング枠現金化の業者の数が年々激減しているなかで、カードでお金の平均でいうと割に合わないかもしれないですが70%前後になるかと思われます。 80%が悪くない高いものだと自身で認識して複数の店舗を電話して還元率の良いところを自力で探されることをお勧め致します。
※(業者が以前と比較して激減している社会的な背景には警察の頻繁な取り締まりの強化があります。 明確な違法ではないですが、脱税などの別件逮捕や一人前の法人としての脱税や周辺企業が業務協力しない流れに傾いています。)


ショッピング枠の現金化【比較】還元率の罠にご注意


関連記事一覧