ショッピング枠現金化で業者を選ぶ注意

ショッピング枠現金化をするには、そのための業者に公式サイトからフォームで申込みを行わなければいけません。 普通ならば、キャッシング枠を使ってお金を借りればいいだけです。 しかし、それができない場合は、このような便利な業者に無理に頼ることになるのです。 仕組みとしては、業者が指定した商品をショッピング枠を利用して購入します。 これは仕組みとして第三者からの見かけ上は、ただ単にインターネットで正規ブランド品の陳腐な鞄を買い物しただけなのです。 そこで、商品に対する還元率という形で業者から現金が直接振り込まれるというわけです。 このようなショッピング枠現金化を行う場合は、業者を選ぶ際の騙されない為の注意点を知っておかなければいけません。 それは、まず買取タイプとキャッシュバックタイプの仕組みの根本的な違いです。

比較サイトで業者情報を仕入れる

購入した商品を買い取る形で換金する業者のなかには、2割手数料で8割現金化という表示がしてあっても、そのとおりにしてくれない詐欺のケースがあります。 商品に傷がついている、破損している等の理由をつけて、半額かそれ以下の値段でしか買い取ってくれないという悪質な業者もいるのです。 また、キャッシュバックによるショッピング枠現金化をしてくれる業者の場合でも、予備知識として気をつけておきたいことがあります。 それは、独特な業界用語の還元率という聞きなれない特殊な言葉です。 あまりに低すぎるところは最初から騙しの詐欺で論外ですが、儲かってなさそうな初めから不自然に高いところにも注意が必要です。 手数料として引かれる金額が平均よりも低くても、他の適当な名目で差し引かれることで、結局はあまり手元に入ってこないというケースもあるのです。 ですから、いろいろな比較サイトや正直な口コミなどの率直な評価をもとに信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

業者による還元率の違いは、2つの理由がある

ショッピング枠現金化の還元率が取り扱う業者によって大きく異なる理由は2つございます。 一つ目は業者がなるべく騙して利益を確保したいので、できるだけ低く設定するところ、定期利用するリピーターを付けたいので高くしているところと、会社の方針の相違です。 二つ目は、クレジットカードの決済代行会社に支払う手数料の僅かな違いからくるものです。 どんなショッピングでも決済代行会社との有料の新たな提携が必要になり、3~10%くらいは利益を報酬として外部の業者に持っていかれてしまいます。 経験者の口コミを比較して上手なところを利用することでお客様に少しでも良い還元率を提示できることになる訳です。 この2つの違いにより15%くらいは異なってきますので少し注意が必要です。

ショッピング枠現金化には、注意しなければいけない点がいくつかあります。 まずは、手数料が莫大なぼったくりの悪徳業者に騙されて引っかからないようにすることです。 お金に関わることなので、やはりどうにかして高い利益をあげようとする悪徳の業者もいます。 その巧妙な手口としては、あれこれ理由をつけて取引する換金率を操作したりといったことや、指定日までにまったくお金が振り込まれないというひどいやり方もあるのです。 まずはインターネット回線などを利用して、口コミサイトや比較サイトの還元率を参考に信頼できる業者を選ぶようにしましょう。 そして、ショッピング枠現金化では、金利の計算というのも重要なポイントになります。


ショッピング枠の現金化【比較】還元率の罠にご注意


関連記事一覧